mdiufhusdf

看護師が育児ノイローゼ?!

最近、子どもの虐待に関する 悲しいニュースを目にすることが多いですよね。 可愛いはずのわが子を虐待してしまう・・・ もしかしたら次は自分かもしれない。   実は、そのように感じているお母さんが多くおられるんですよ。 そのくらい、育児は心理的にも肉体的にも負担が大きいものであり、 子どもの成長に関する責任感がのしかかってくるというプレッシャーの中で、 育児を行っているという事なんですね。   愛おしいわが子に対してさえも、このようなプレッシャーを感じてしまう わけですから、乳児院で働く看護師ももしかすると 育児ノイローゼになってしまう可能性だって十分にあるんですよ。 赤ちゃんが好き・子どもが可愛いというだけで、 乳児院の看護師になろうとすると、 そのようなプレッシャーに負けてしまう事だってあるんですね。   とはいっても、育児経験がある・なし、どちらにせよ、 やはり乳児院の看護師には「赤ちゃん・子どもが好き」 という気持ちがなくては勤まらない仕事です。 そういった気持ちが無いとなかなか思うように仕事が出来ないこともあります。   ”ふとした時に、赤ちゃんが笑ってくれた”このような事によって、 心が温かくなったり、穏やかな気持ちになる看護師でなくては、 やっていけないんですね。 子ども・赤ちゃんが好きという気持ちとともに、 子ども達の成長をしっかりとサポートしたいという強い意思があれば、 乳児院での看護師の仕事はお薦めですよ。    

ewijlkfsw

赤ちゃんが好きなだけじゃダメ!

乳児院には、生後間もない赤ちゃんをはじめ、 2歳児未満の子ども達が生活しています。 ですから、乳児院で働く看護師には、 赤ちゃんが好きということが必須となります。 ですが、それだけではやっていけないのが乳児院の看護師の仕事なんですね。   「お母さんはわが子が大好き」というのが一般的です。 いくら大好きでも、育児を行っていくのはとても大変ですよね。 乳児院で働く看護師は、お母さんでも大変と感じる育児を行います。 しかも、わが子ではないんですね。 それがいかに大変なことであるのか、想像できるでしょうか。   乳児院に入所している赤ちゃんたちというのは、 何かしら理由があってお母さんと離ればなれになっていますよね。 本当ならば、お母さんやお父さんにたくさん甘えることが出来るはずなのに、 その両親と離れて暮らしているわけですから、 両親の代わりになる人が必要となります。   お母さんは、わが子が大好きだとしても、 ただただ甘やかして育てているわけではありませんよね。 乳児院で働く看護師もまた、 お母さんのような甘さに加えて厳しさも必要になってきます。   子ども達が健康に育っていくために、健康管理や体調管理はもちろんですが、 心の面での成長もしっかりと支えていくことが必要です。 赤ちゃんが好きというだけでは、このような心の成長までを サポートしていくことは大変難しいことなんですね。    

eiuhefrsd

乳児院の看護師に向いている人【2】

0歳児や1歳児というのは、 保護者であっても成長の早さに驚くものです。 1日の成長が著しく、たった1日で今まで出来なかったことが 出来る様になっていたりするんですね。   出来なかったことが出来る様になるというのは、 保護者にとってとても嬉しいことであり、感動的な事です。 実は赤ちゃんたちは、両親が感動している姿や喜んでいる姿というのを しっかりと見ているものなんですよ。   これはつまり、赤ちゃんが何かしら出来る様になったということを、 感動し喜ぶことが出来ることが、赤ちゃんの心の成長に不可欠だという事なんですね。 ですから、このような感動を感じる事が出来る看護師は、 乳児院で働く事に向いている看護師だと言えます。   赤ちゃんの成長はとても早いものです。 最初は寝ているだけでも、少しずつ寝返りが出来る様になり、 ハイハイして歩き回るようになります。 最初はおきるはずの無い行動でも、成長し、活発に行動するようになれば、 当然危険な行動も起こりうるんですよね。   そんな時には、しっかりと厳しい指導が行えることも必要になってくるんです。 乳児院は、「可愛いね」とニコニコ見守っているだけの施設ではありません。 看護師を含め様々なスタッフが両親の役割を担い、 赤ちゃんたちが健康に成長していけるようにする施設です。   「怒るなんて無理」「それって虐待なんじゃないの?」と、 いたわる気持ちばかりを持っている方ではなく、 時には厳しく「だめ」と言える方がいいんですね。 家庭を思い返し、しっかりとお世話していける方が向いています。    

iuerjtkfsf

乳児院の看護師に向いている人【1】

乳児院には、新生児から2歳児未満の赤ちゃんたちが多く暮らしています。 そんな乳児院で働く看護師には、「赤ちゃんが好き」という事は必須です。 赤ちゃんが苦手という看護師では、 しっかりとしたケアを行っていくのは難しいものがあります。 ですので、赤ちゃんが好きという看護師が向いている職場なんですね。   また、乳児の場合には、自分の意思を上手く伝えることは出来ません。 主に乳児の意思表示の方法は、泣くことですよね。 赤ちゃんの泣き声を、うるさく感じてしまうような看護師は、 乳児院には向いていないと言えます。 泣いている声を聞いて、どうしたんだろうと思える看護師が向いていますよ。   泣くことで意思表示を行う乳児を含め、 なかなか上手く自分の意思を伝えることが出来ない赤ちゃんたちを、 注意深く観察することが出来るかどうかというのが、 乳児院看護師の重要な役割でもあります。   少しの変化でも体調を崩しやすいので、 どんな小さな変化も重大な問題になる前に気づき、 未然に防いであげることが大切なんですね。 ですから、注意深く観察できる看護師が向いていると言えます。   注意深く、観察力もある看護師であれば、 乳児院で大活躍することが出来ますよ。 わずかな変化も命に関わることがありますので、 このような事が出来る人でなくては勤まりません。   また、注意力があるということは、 赤ちゃんの成長にも気づきやすいですよね。 自分がケアしている赤ちゃんの成長を実感できることが嬉しいと感じる看護師も、 乳児院の看護師に向いているんですよ。    

eiuhfnsdf

実際の給料を求人情報でチェック!

実際の乳児院での求人から、給料をチェックしてみましょう! とある乳児院で正職員として働く看護師の場合、 正看護師は20万円前後、准看護師は17万円前後となっています。 手当ては別で支給され、勤務時間は朝7時から夕方4時半もしくは、 朝8時から夕方6時半が日勤となっています。   夜勤は夕方16時45分から翌朝9時45分の二交代制です。 年間の休日は88日で、昇給・退職金・社会保険などが完備されています。 次に、別の乳児院での求人です。 正職員は4大卒の看護師で焼く24万円ですが、 それ以外の場合には約23万円となっています。   夜勤は月に1回は必須で、勤務時間は夕方5時から翌朝9時半の二交代制になります。 日勤の勤務時間は朝7時から昼3時半、朝10時から夕方6時半ということでした。 実際にある求人で給料をチェックしてみましたが、 乳児院の看護師の給料を安く感じましたか?それとも高く感じましたか?   上記2つの乳児院の求人情報を見て、 思っていたよりは安くないと感じた方が多いのではないでしょうか。 基本給以外に手当てが付き、 休日も病棟のようにオンコール対応を行う必要もありません。   精神的・身体的に具合の悪い方のケアを行っていく という病棟のような仕事ではないことから、そこまで安いわけではないですよね。 このように、仕事内容と給料のバランスが しっかりと取れている職場ですので、人気も高いんですね。    

aiuheuif

乳児院の看護師 平均年収は?

乳児院で働くということは、 小さな子供たちのケアを行っていくことになりますので、 担当する看護師としては仕事に気を抜けないという職場でもありますよね。 病棟ではなくとも、命に携わる仕事に変わりはありませんので、 緊張感や責任感などは伴うものです。   このような職場では、一体どのくらいの給料を 受け取ることが出来るのかという点も、気になりますよね。 自分自身の生活に関係してくることでもありますので、 少ないよりは多い給料の方がいいなと感じるのが本音の部分でもあります。   実際に乳児院の看護師は、 どのくらいの給料を受け取ることができるのでしょう。 大体ですが、乳児院の看護師の年収は、 400万円~後半といったところが多くなっています。   この年収を見てみると、 病棟看護師で言えば3年から5年目の看護師と同じくらいの給料ですよね。 ですので、ベテランの看護師が高収入を得るために転職を行う場所とは言えません。   小さな子供たちのケアを中心とした看護の仕事をしたいという方には、 とても向いている職場だということです。 年収などに関して大きい期待を持つことは出来ない職場ですが、 一般的な年収と比べてみると、割と高めでもあります。 別の記事で、実際の給料などについて見ていきたいと思います。    

eiuhfnsdf

乳児院の看護師の仕事内容

乳児院で働く職員の配置というのは、法律で定められており、 最低基準と措置基準があります。 ですが、看護師の場合には同じなんです。 看護師は、『乳児の定員が10人=看護師2名以上配置』 『乳児が10人増加=看護師1名以上配置』 『乳児7人以上=看護師1名以上配置』ということが必要になります。   ですから、乳児院で働いている看護師は、 2名もしくは1名ということになり、 その少ない人数で看護業務を全て行う事になります。 乳児院で働く看護師の仕事は、主に健康管理です。 0歳~1歳児というのは、少しの環境の変化で体調を崩してしまいます。   適切な応急処置を行い、最寄の病院であったり かかりつけの医師との連携をはかることはとても大切な仕事です。 健康診断や歯科検診などで、訪問した医師をサポートしていく という仕事もまた、大切な仕事の一つです。   乳児院の看護師の仕事には、健康管理のほかにも、 書類の作成や雑務などがあります。 健康だよりなどの作成もそのうちの一つです。   さらに、保護者との懇談会であったり、 健康についての相談やアドバイスなどといった仕事も行います。 保育士と一緒になって、ゲームをしたり遊びに参加することもありますよ。 入所している子どもたちだけでなく、他の職種の方や保護者など、 人と関わっていくことが多くなる職場ですので、 ある程度のコミュニケーション能力も必要となります。   ですが、子どもが好きな看護師であれば、 やりがい・楽しさともに充実し、 専門知識を活かすことが出来る職場であると言えます。    

uigfnvjks

乳児院とは

乳児院は、保護者の養育を受ける事が出来ない乳幼児を、 24時間体制で365日養育していく施設です。 乳幼児の養育とともに、虐待を受けている乳幼児や病児、 障害児なども養育していく専門的な機能を持っています。   児童養護施設が1歳以上の児童を養育していくことに対して、 乳児院は1歳未満の乳児を養育していくことになります。 もし必要となれば、就学前の幼児であっても養育を行うことが可能です。   その後は、両親や親族の元で生活したり、養子として里親の元で生活したりします。 そのような事が無理な場合、児童養護施設に入所するということになるんですね。 平成23年度に行われた調査によると、施設数が約130箇所あり、 その定員は約3,800人、現員役3,000人となっています。   各都道府県に、必ず1箇所以上乳児院が設置されており、 看護師や保育士、児童指導員、栄養士、調理師、そして嘱託医師などが勤務しています。 長期の在所では、乳幼児の養育のみならず、 退所後のアフターケアといった親子支援の役割もあるんですよ。   どうやって乳児院に入所するのかというと、児童相談所にて判定を受け、 必要と判断された場合に入所することになります。 その入所理由は、母親など家族が病気である場合が多く、 その次に虐待や、病虚弱児、障害を持っているなどがあります。   費用は主として国と地方自治体が負担する事になります。 ですが、家族の収入などによっては、 都道府県に対しての個人負担がある場合もありますよ。    

jwhw

乳児院の求人に採用されるコツを紹介!

乳児院ナースの需要はある? 看護師の転職先は色々とありますが、 最近注目を集めているのが乳児院です。 求人募集も比較的多いですし、 徐々に需要も高くなっているため、 これから転職先を探そうとしている方は 注目しておきたい所です。   そこで気になるのが採用状況ですが、 他の施設とは少し変わっています。 それはここで求められるスキルが、 他とは少し変わっているからです。   乳児院で預かっている子供というのは、 殆どが0歳から1歳ほどの子供です。 こういった年頃の子供というのは、 ちょっとした環境変化でも体調を崩しやすいため、 いつ緊急の処置が必要になるか分からない物です。   そのため、そういった場合の対処能力が 採用の時には重要視されます。   看護師以外に重宝される資格 自分自身で対応できる能力があるかはもちろん、 医師や病院としっかりと連携をとり 対処できるかが重要となります。 そのため、ある程度経験があり 緊急事態にも対応できる人が求められています。   もう一つの特徴としては、 他の職種の資格を持っていると優遇されやすいです。 というのも、こういった施設では事務的な仕事や、 保育士の仕事なども求められる事があります。   そのため、こういった職種の資格を持っている場合には とても重宝され、優遇される場合が多いです。   採用されやすいナース像はあるの? 最近看護師の転職先として人気があるのが乳児院ですが、 少し他の施設とは採用されやすい人物像が変わってきます。 この施設では、看護師だけではなく 様々な職種の人達が働いています。   事務員や栄養士、保育士など色々な人達の募集があるので、 一つの職種の募集というのはそれほど多くはないです。 そのため、採用されるためには いくつか知っておいた方が良いポイントがあります。   まず注目しておいた方が良いのは、 どんな資格が持っていると有利なのかという事です。   資格は多いほど良い! 先ほど言ったように、 色々な職種が募集される施設なので、 それらをいくつかこなせる人物というのは […]